活字のある豊かな暮らし。まむかいブックスギャラリーのサイトです

NEWS

■2018年4月18日

 

『OKバジ ネパール・パルパの村人になった日本人』を刊行しました。 

 

■2018年4月9日

『高視認性安全服』が、月刊総務5月号の書評で紹介されました。 

 

■2017年12月27日

『高視認性安全服』が、繊研新聞の書評で紹介されました。 

 

■2017年12月21日

『高視認性安全服』を刊行しました。 

 

■2017年12月15日

『高視認性安全服』が、繊維ニュースの書評で紹介されました。 

 

■2017年11月3日

神保町で本日より開催される「神保町ブックフェスティバル」に出展します。

 

■2017年10月28日

丸善名古屋本店で本日より開催の「本の産直市」に出展します。

 

2017年10月11日

東京赤坂の双子のライオン堂で本日より開催のブックフェア「版元やおよろず」に出展します。 

 

 NEWS一覧はこちらです。

NEW BOOK

2018年4月刊行

OKバジ

ネパール・パルパの村人になった日本人

 

ISBN 978-4-904402-14-6

C0036

本体価格1,800円+税

ネパール応援団 ブッダの目 著

B5判 68ページ

 

 

 

「OKバジ」こと垣見一雅さんは、ネパール・ルンビニ州パルパ郡ドリマラ村に住みついて、周辺の200以上の山村を、毎日歩いて巡り、村人の話に耳を傾け、村人の命にかかわる支援を続けています。

 

そんなバジの24年にわたる取り組みを1冊にまとめました

 

日本の応援者が集めた善意のお金が、OKバジによって直接ネパールの村に届けられ、村人の暮らしに活用される。

バジが24年かかってネパールでつくりあげてきた草の根の支援の仕組みは、他国での支援にも活用できると思います。

 

小学高学年以上が読める、わかりやすい内容・表現です。

 

国境をこえて活動している方に、とくに若い人々や子どもたちに手にとっていただけると嬉しいです。

 

試し読みはこちらです

 


BOOKS

高視認性安全服

 

吉井秀雄 著

ISBN 978-4-904402-13-9

C0063

B5判88ページ

3,000円+税

 

「高視認性安全服」とは、工事現場や、道路、鉄道、空港などでよく見かける蛍光生地に反射材のついた安全服。

その日本初の専門書ができあがりました。

 

道路工事の現場などでは、現場で働く人々が視認性の乏しい作業服を着用していることが原因で、車両事故に遭遇するケースが後を絶ちません。安全意識の高い欧米では、様々な現場で蛍光生地に反射材の施された「高視認性安全服」を必ず着用し、視認性を高めていますが、日本にはこれまで高視認性安全服の文化がありませんでした。

 

この本では、高視認性安全服の第一人者であり、服の設計を熟知した著者が、写真やイラストを多用して、高視認性安全服について、わかりやすく解説しています。

本の後半では、一般向けの高視認性安全服についても紹介。児童の通学や二輪車の通行など、自治体や地域の安全の取組にも役立つ情報を掲載しています。

 

詳細はこちらです。

 

繊維ニュース、繊研新聞で紹介されました

 

 


ゲセルと聖水

 

ガルチン・アリヤ 著

挿絵 堀田ルミ子

ISBN 978-4-904402-12-2

C0093

A5判328ページ

紙の本 2,200円+税

電子書籍 1,500円+税

 

2017年7月刊行

モンゴル・チベットに古くから伝わる英雄叙事詩「ゲセルハン」を下敷きに、モンゴル高原に暮らす少年ジョルの数奇な運命を描くファンタジー。

 

モンゴル在住の女性作家が、日本語で書き下した大作です。純朴で雄大なモンゴルの自然、思いやりにあふれた人々の暮らしが、ドラマティックなストーリー展開とともに見事に描かれています。

 

(あらすじ)

天の息子ゲセルは雲の鳥に乗って人間世界に下り、草原の民チャルキンとアロンの息子、ジョルとして生まれる。

ジョルの持つ不思議な力に周囲の人々は圧倒されながらも、人々はジョルの純朴な心に惹かれ、この地を長年支配してきたマンゴス(悪魔)に立ち向かう勇気を得る。

そしてゲセル自身もまた、自分の宿命の謎を一つ一つ解き、真の事実に辿り着く。

 

著者からのメッセージを「FROM AUTHORS」に掲載中。

 

試し読みはこちらです。

 

電子書籍、プリントオンデマンド(書店で注文時に印刷)、紙の本にて好評販売中です 

 


AUTHOR'S 6

 

まむかいブックスギャラリー編

ISBN 978-4-904402-10-8

C0095

A5判102ページ

紙の本 1,000円+税

電子書籍 800円+税

 

2017年7月刊行

 

美術、音楽、映画、芸能、小説、ジャーナリズム、科学、環境など各界の表現者が集うSelected Works' Collection.(小品集)。自身の興味や、仕事や創作の幅を広げたい方へ、分野や肩書、国籍を超えた交流を図っています。

 

Cover' story 今日の顔 青山京子

仰向けの蝉 真っ青な空と真っ赤な夏の詩 小林ヨシオ

ゲセルと聖水 ガルチン・アリヤ

帰還 一宮晴美

森の陽射し 夏川夏奈

出会いのコラージュー中止々呂美へ水の時空ー 星埜恵子

日本映画感傷往来 映画の再興は人づくりから 吉村久夫

飲んで歌って踊ろう、キューバ! 志治美世子

我が内なる〝難民″問題 皐 一

これからの出版に感じること 向井槇

 

試し読みはこちらです。 

 


バックナンバー


伝わる文章 Before After

 

著者 坂本俊夫

ISBN 978-4-904402-01-6

仕様 四六判288ページ

紙の本 1,600円+税

電子書籍 1,200円+税

 

2017年4月刊行

 

書いた文章が誤解されてしまう。

何が原因? どうすればいい? 

 

自分で気づかずにいる文章の書き癖や思い込みを、チェックしてみよう。

 

約30の文例をもとに、Before After方式で、文章のレベルアップ方法を解説。

 

 『大相撲の道具ばなし』『宇都宮藩・高徳藩』などの著書があるノンフィクションライター坂本俊夫氏が、題材の決め方、構成、表現、言葉の選び方など様々な角度から、伝わる文章のコツをまとめています。

 

試し読みはこちらです。

 

日刊ゲンダイ2017年5月9日号で紹介されました


下記の本も全国書店で発売中です