いつもたくさんのお便りありがとうございます。

『柳家喜多八膝栗毛』皆様から寄せられた感想

鹿児島なのでなかなか高座を拝見できませんが、喜多八師匠の落語を愛しています!寄席で数回、萬金寄席で一度拝聴しました。また東京へ行く機会をつくります。

 

お正月にBSを見てファンになりました。毎日欠かさず聞いています。

 

寄席でいつも楽しみにしています。

 

近年、落語が好きになりました。しばらくテレビの録画を楽しんでいました。その中で気になったのが喜多八師匠でした。「膝栗毛」も購入して扇遊師匠や鯉昇師匠とのご交遊も知ることができました。ついに今年、落語睦会で初めて生の落語を体験しました。独演会もチェックして機会を伺っております。

 

殿下の落語はずっと聴き続けていたいので、自転車で健康的に虚弱はまくらだけでお願いします。

 

ふとしたときに聴きたくて恋しくなってしまう。

 

いがぐみさん、応援してます! 


『鉄道旅とジオラマ・ミニ鉄道』皆様から寄せられた感想

 普通では気づかぬ観点から深く考察することなど思いもよらぬわが身には、ただただ驚きの一撃でした。

 

装丁が立派でカラー写真も入っていて、読みやすい本でした。

 

趣味を多元的に扱えるのは素晴らしい。活字の大きさと、また、読み易い文章でいっきに読みました。

 

批判するも嫌味がない。安心して読んでいける本です。

 

自分が読むだけでなく、汽車を撮るのが趣味の友人にも贈りたい。

 

 

 

 

 


『Walking TOKYO』皆様から寄せられた感想

 「Walking TOKYO」読みました。東京のあちらこちらがさわやかな絵と文章で語られ、春の日にそこらへ出かけてみたいと誘うような本でした。

 

東京の絵はがきがついているし、ホテルのロビーとか旅館で並べてあるといいと思います。

 

昔よく乗った中央線からの風景、私達夫婦、両親も働いた東京など、懐かしい風景にいろいろな思い出がよみがえりました。私の好きなタッチの風景画です。ありがとう。

 

きれいな爽やかな感じの装丁に、しばし見入ってしまいました。青の背景に赤の人物と旗が印象的で素敵です。

 

味わいのある文で、きめ細やかな表現だと思いました。

 

見慣れた東京も、なかなか情緒のある美しい街だったのですね。

 

とても贅沢な内容の本ですね。本のタイトルもいいし、全文英訳付きもすばらしい企画。空港のおみやげ売店に置いてあるといいですね。

  →ありがとうございます。羽田空港、成田空港の書店にも置かせていただいています。

 

 

美しく楽しい本だと思いました。以前、ギャラリーで見た絵が手元で拝見できてうれしい。これからも東京を描き続けてください。

 

私の望んでいた東京風景。満足です。

 

すてきなすてきな本ですね。四谷周辺がなつかしさでいっぱいです。文もいいです。

 

表題にふさわしい東京の街の風景が描かれていて、しかも和英両国語の解説があって、近代東京の名所がガイドともなり、より多くの人に今の街並みを知らせるものだと思いました。

 

やわらかい色彩が心をなごませます。絵を見ただけで、その場の情景が思い浮かび、とても素敵です。

 

風景に風が感じられて、とても良い気持ちになれました。

 

色彩豊かな絵に、心安らかな気持ちになれました。よく見かける東京の風景で、思い出がよみがえります。

 

ふと気がつけば、絵の中に佇む私がいました。いつまでも見ていたいです。

 

Walking TOKYO 毎日鑑賞させていただいています。1点1点がみずみずしいと感じています。

都会のぬくもり、四季折々の風景の切り取りの表現が良かったです。

 

絵の方から語りかけけてくれる楽しい絵、描くことの原点を思い起こされました。

 

現実とも幻想ともつかない不思議な世界。なつかしいBG音楽がうすく流れてきます。出逢えてよかったなあ。

 

すばらしい絵に逢えて、心の洗濯ができました。何年たってもこの感動は消えないでしょう。宝物です。

 

東京の様子が手にとるように描かれていて、心ワクワクするようです。隅田川の船旅は人々の歓声が聞こえてくるようです。

 

風景画のすばらしさを、改めて見直しました。人、動物、澄み切った色彩のハーモニー、どれをとって

も忘れられない衝撃でした。

 

多彩な風景画に魅了され、『Walking TOKYO』を折に触れて拝見しながら、ページをめくり、あたかも東京の観光旅行をしているような楽しい気分を味わいました。心豊かに幸せになります。この本は私にとって貴重な本となり、大切に致します。

 

手軽なサイズで、旅のおともだけにはとどまらない本ですね。文章も易しく響き、絵からも東京の街が味わい深く感じられました。

 

5年東京に住んでいたのに気がつかない風景、素敵なスポットが数々あったことを知りました。楽しい思い出がいっぱいの東京です。そんな東京をうれしく拝見しました。

 

画集を開いたとたん、懐かしい風景にジンときました。東京の四季をスケッチとともに英文で紹介するなんておしゃれですね。


『Gift witH BIKE』皆様から寄せられた感想

 

女性もやりたいことに出合ったら思い切って始めるのもいいですね。(山梨県在住・女性)

 

体調が良くなく気分も晴れない時、本を読んで元気をもらいました。チャリンコ大好き人間の私としては発奮せずにいられません。私なんて、まだまだ…。10年前に、琵琶湖一周(130km)を一泊二日でツーリングしました。それ以来、ツーリングの集団に合うと胸がときめきます。(大阪府在住・女性)

 

女性向け自転車ツーリング教室主催の土屋さんのかっこよさ。ロードバイクはママチャリとは別の乗り物ということ。ヘルメットをかぶって颯爽と走るロードバイク。私のレトロなママチャリがロードバイクに変わる夢をもらいました。(福岡県在住・女性)

 

走れば、景色が、人が変わっていく 土屋さん、すばらしい! 大きなパワーを感じました。(茨城県在住・女性)

 

こういう方もいらっしゃるのですね。ウラヤマシイですね。(長野県在住・男性)

 

はつらつとロードバイクに乗って、活躍されている土屋さんの姿にとても勇気づけられました。世間一般で言えば、体のあちこちに障害がでてきて、激しい運動は無理かと思えるような年頃、私もこうありたいと励まされました。(兵庫県在住)

 

女性のツーリング教室、初めて知りました。(東京在住)

 

土屋さん、続けるってとってもすごいですね。私も昔、ロードバイクに乗りたくて、自転車屋に飛び込んで購入してみたものの、身長150cmの私にはそのロードバイクが合っていませんでした。無理して乗って、多摩川のサイクリングロードで子どもをよけようとしてブレーキを十分にかけきれず転倒・・・以来やめてしまいました。仲間、先輩にめぐりあえていたら、また違ったでしょうね。(山口県在住・女性)

 

ママチャリ愛好者ですが、少し長く走ると足がつってしまい、最近は近場だけにしています。土屋さんのようにかっこよくいかないけれど、長く自転車に乗るための知恵と訓練の方法など教えていただきたいです。(千葉県在住・女性)